アートメイクはダウンタイムがなくて便利

ついにアートメイクをしてみることに

その後、アートメイクとは何か、施術の大まかな流れ、施術後の注意点などを丁寧に分かりやすく説明してくれました。
皮膚を針で傷つける施術ということで、術後のダウンタイムについてすごく気になりました。
そのことについて訊ねると、医療用のとても細い針を使うのでそれほどダウンタイムがないとのことです。
腫れや痛み、赤みなどもあまり気にならず、通常の生活を送ることができると請け負ってくれました。
ちなみにアートメイクは手彫りとマシン彫りの2種類があり、3Dアートメイクは手彫りで行われるとのことです。
眉毛の1本1本をリアルに再現しなければいけないので、手で丁寧に仕上げていくのだそうです。
そのため、アートメイクにかかる時間は一時間強だと言われました。
一通り施術についての質問をした後、次に眉のデザインを決めていきました。
眉のデザインを間違えてしまうと、おかしな顔になってしまいます。
そのため、自分に似合うデザインを時間をかけて相談しながら、何度もシミュレーションを重ねて決めていきました。
そして、眉毛の色も決めていきます。
私は髪の色が暗いので、濃いめの茶色が似合うと勧めてくれました。
そのため、アドバイス通りに従うことにしたのです。
色とデザインが決まったら、ペンでマーキングをしてくれました。

眉毛を書くのにいつも失敗する・・ : ついにアートメイクをしてみることに : ダウンタイムもなく、仕上がり満足