コメディ

帰ってきたヒトラーの動画フルを無料視聴【オリヴァー・マスッチ主演映画】

オリヴァー・マスッチ主演映画『帰ってきたヒトラー(原題:Er ist wieder da)』(2015年)の動画フルを無料視聴する安全な方法をご紹介します。

また、記事の後半では、ネタバレ感想と評価をまとめました。

帰ってきたヒトラーの動画フルを無料視聴する安全な方法【オリヴァー・マスッチ主演映画】

下記のVOD(ビデオオンデマンド)サービスで、オリヴァー・マスッチ主演映画『帰ってきたヒトラー』のフル動画が見放題で配信されています。

日本語字幕版と吹き替え版ともに鑑賞できるのはうれしいですよね。

U-NEXTには、無料視聴できるトライアル期間が31日間あります。トライアル期間中に解約すれば無料(0円)です。

一度、使ってみてから継続して契約するか判断できるので、ユーザーにやさしいシステムになっています。

さらに、U-NEXTの特典には31日間無料トライアルだけでなく、600円分のポイントがプレゼントされます。

U-NEXTは、公開年度の新しい映画が早い時期に動画配信されます。ただし、どこの動画配信サービスでも新作映画は、見放題ではなく、有料レンタル扱いです。

そんなとき、特典でもらえるポイント600円分を使うことで、公開年度の新しい映画をタダ(0円)で鑑賞することができます。

だから、U-NEXTは映画が好きな方にとって最適な動画配信サービスといえるでしょうね。

>>U-NEXTで映画『帰ってきたヒトラー』を見放題で鑑賞する<<

※紹介しているVODサービスの情報は2018年11月14日時点のものです。現在は配信終了している、または見放題が終了している可能性がございますので、最新の配信状況は各公式ホームページにてご確認ください。

帰ってきたヒトラーはパンドラなどの動画共有サイトでは無料で見られないの?【オリヴァー・マスッチ主演映画】

下記のサイトに動画を無料で見られるようにアップされていることがあります。

  • Pandora(パンドラ)
  • Dailymotion(デイリーモーション)

ただし、最近では著作権違反ということで違法アップロードされた動画は削除されるまでの期間が短くなっています。

随時、サイトで確認すれば、新たにアップされた動画を見つけることができるかもしれません。

さらに、動画共有サイトには、次のようなリスクがあります。

画質が悪く、ウイルス感染する恐れもあるので、快適に視聴できるとは言えません。

もし、動画共有サイトで視聴するときは、自己責任でお願いします。

>>映画『帰ってきたヒトラー』の動画フルをU-NEXTで快適に視聴する

帰ってきたヒトラーのネタバレ感想と評価【オリヴァー・マスッチ主演映画】

2014年に蘇ったアドルフ・ヒトラーが再び自分の野望を遂げるべく活動に乗り出すという筋の話ではありましたが、その過程が非常に細かく描かれており、興味をそそられました。

「ヒトラーが現代のドイツに蘇ったとしたら・・・」というありえない前提に人々がどのような反応を示すのか?

現代に蘇ったヒトラーは、実際に人々と政治やドイツの国について話をし、ドイツ国民がどういう考えを持っているのか、どういう不満を抱えているのかということをリサーチします。

ヒトラーの思想について表立って賛同するものはいなかったものの、意外にもヒトラーに好意的な人物が多いこと。ヒトラーが目指していた超合理主義に賛同する者の多いこと。

しかもこの場面、完全アドリブだというから驚きなのです。脚本家によって作られたセリフではなく、ドイツ国民の実際の心理や心情が露わにされた瞬間でした。

映画『帰ってきたヒトラー』を観る前は、ヒトラーをおちょくるというか批判、風刺するための作品なのだと思っていました。

しかし、建前はヒトラー批判であっても、その裏に彼に共鳴していく人々の群集心理が明確に描かれており、なぜヒトラーが支持されたのかという点が暗に示されていたように感じました。

反ユダヤ主義に反対していても、それ以外の点(政策など)についてはヒトラーに共感している人がドイツ国内で増えているというのは非常に興味深い点になります。

今ドイツでは難民問題が顕著であり、難民が自分たちの経済状況を悪化させている、治安を悪化させているという思いは過去のユダヤ人問題と重なるところがあるのでしょう。

だからこそ強いリーダーをドイツ国民が真に求めているというのも理論上は納得のいく話で、現ドイツ社会の問題点をもろに突いた内容でした。

映画半ばになると、いよいよヒトラーのそっくりさんだと思われていた人物がヒトラーその人であることがザヴァツキ(ファビアン・ブッシュ)にばれます。

特ダネとしてヒトラーその人をヒトラーのそっくりさんに見立ててヒトラー劇を企てていたザヴァツキは、本物のヒトラーだと気付き、テレビ出演をキャンセルさせようとします。

けれども、時すでに遅く、逆にザヴァツキは精神病院に送られてしまうのですが、この筋書きは過去にもありましたね。歴史は繰り返す、まさにそんなことが何度となく映画の中で起こります。

ザヴァツキを病院送りにしたヒトラーはテレビの中で、お得意の演説を行います。

ヒトラーを演じているオリヴァー・マスッチの演技の上手いこと!

見た目も良く似ているせいもあるのかもしれませんが、ヒトラーの特徴をよく捉えた絶妙の間合いのスピーチを披露し、あっという間に群集の心を掴みとります。こうやって、人々はヒトラーに傾倒していったということがよく分かるシーンでした。

映画『帰ってきたヒトラー』の全体を通して、ヒトラー批判というのはあまり感じることはありませんでした。批判があったとすれば、ヒトラーの批判ではなく、ヒトラーの反ユダヤ主義思想に対する批判です。

むしろ、この映画で際立っていたのは、群集心理で、一国が一丸となって戦争に突入していく過程や人の心の変化というのがよくよく分かったように思います。

群集心理の怖さ、誰しもが抱く心の中の無防備な闇を垣間見ることが出来たように感じました。

まとめ

オリヴァー・マスッチ主演映画『帰ってきたヒトラー』の動画フルを無料視聴する安全な方法を紹介しました。

そして、記事の後半では、ネタバレ感想と評価がまとめてあります。

今すぐ、帰ってきたヒトラーをU-NEXTで見てみる